雑誌案内
OPENDOORS TOP ASAHIパソコン TOPASAHIパソコンNEWS TOP


ハンディキャップ
国のIT講習会、急がれるサポート体制



重い障害を持つ受講生をサポートするパソボラの写真
<画像をクリックすると大きくなります>
重い障害を持つ受講生をサポートするパソボラ。平日は仕事がある人が多いため、講習会は土日に開かれている(1日3時間×4回)。

会員たちの写真<画像をクリックすると大きくなります>オリジナルのテキストを持つ代表の関さんと「ぱそぼらん」の会員(パソボラ)たち。約40人いる会員の中にはシニア世代も多い。ホームページは、
http://plaza15.mbn.or.jp/~paso_volun/index.html
 国の施策による「IT基礎技能講習会」(全国550万人対象)が各区市町村で始まって半年余り。この講習会は「すべての国民に情報技術(IT)の基礎技能を」という目的で始まったもので、当然、障害者も対象に含まれる。
 その障害者向けの講習を、半年の準備期間をかけて、この9月から始めたところがある。東京都練馬区内のNPO「ぱそぼらん」(練馬パソコンボランティアの会)だ。肢体不自由者や内部疾患で障害がある人などを対象とする講習会を、区から委託されて開催している。
 国の講習会について、他地域の障害者や福祉関係者からは「講師やサポーターが障害者の事情に不案内」「障害者を集めた特別コースでも、内容的には一般向けと変わらない」といった声がよく聞かれる。そうした中で、ぱそぼらんの講習会は最も充実した事例の1つだろう。
 練馬区心身障害者福祉センターの講習会場を訪ねると、障害者向けの支援機器についても触れたオリジナル補助テキストが用意され、ゆっくりとしたペースで講習が進められていた。内容も、一般的なインターネット活用法のほかに、障害者に役立つ情報を発信しているサイトを紹介するなど、障害を持つ初心者が親しみやすいように腐心している。
 講義や受講者の傍らでサポートに当たるのは、最長6年の活動経験を持つパソコンボランティア(通称パソボラ)と呼ばれる人々だ。受講生2〜3人につき1人のパソボラがサポートするが、特殊なサポートを要する受講生には、その経験のあるパソボラが1対1で対応している。
 ぱそぼらんは1996年に発足して以来、在宅障害者への訪問サポート、上記福祉センターでの通所者サポートなど、徐々に活動の幅を広げ、その中でパソボラのあり方も模索してきた。
 代表の関和子さんは、こう語る。
「パソボラにできることは限られている、と皆が活動の中で感じました。善意でやっても、きちんとした知識がないと、取り返しのつかないことを起こしかねない。その点をよく認識し、いろいろな関係者と連携をとって最善のサポートを考えていく必要があると思います」
 健常者には何でもないことでも、障害者によっては無理な姿勢や作業時間を強いられ、重大な二次障害を招く恐れがある。障害は千差万別で、支援機器の設置や装着も一様ではない。サポートには障害に関する知識が不可欠で、その方面に素人のパソボラにとっては医療やリハビリの専門家との連携が欠かせない。
 パソボラが支援機器に習熟したり、障害者の使用感をより良い製品の開発につなげたりするには、企業との連携が望まれる。制度的支援、情報や場所の提供、活動の社会的認知などを得る上では、行政や地域の関連団体との連携が必要だ。
 そこで、ぱそぼらんでは、さまざまな障害者のサポート依頼に応えるため、これら関係者とのパイプ役になるコーディネーターの養成にも力を入れている。
 今回のIT講習会の充実ぶりは、こうした蓄積があってのこと。しかし、残念ながら、同会が今回受託できた受講生は、わずか4コース27人だった。
「国の講習会は12時間が基準ですが、ゆっくりとしか操作できない人には、この時間では不十分です。私たちは講習会後も責任を持ってサポートしていくつもりで、それが可能な人数だけお引き受けしたんです」(関さん)
 全国的にはこうしたNPO活動がない地域がほとんどで、国の講習会で十分習得できなかった障害者の受け皿がない。メ後は野となれ山となれヤの講習会にしないためには、官民連携してのサポート体制づくりが急がれる。(中和 正彦)



ASAHIパソコンTOPASAHIパソコンNEWS TOP



mainmenu

synbolmark copyright 朝日新聞社出版局,2001